社名の商標登録も大事!(2)


弁理士児嶋のブログ

令和4年10

前々回のブログ・「社名の商標登録も大事!」では、

社名を商標登録すべき理由として、

さもなくば社名を商標として使用できなくなるから、という説明をしました。


では、仮に御社が、社名を単に社名としてしか使用せず、

すなわち、社名を商標として使用する予定が当面ない場合は、

社名の商標登録は必要ないのでしょうか?


いいえ、そんなことはありません。


なぜなら、もし御社とは無関係な他社が、御社の社名と同一又は類似の名称を、

正当な手続で商標登録した上で、その商標を市場で使用すれば、

消費者はその他社が御社と組織的・経済的な関係があると誤認するだろうからです。

それは、御社にとって非常に迷惑な話なのではないでしょうか。


したがって、多くの企業は、当然、パナソニック社もライザップ社も、

自社の企業ブランドを守るために、しっかりと社名の商標登録をしているのです。


そしてこれはもちろん大企業に限った話ではありません。

政府はスタートアップ企業に対して、特許出願よりも先にまず商標登録を、

そして商品名やサービス名よりも先にまず最優先に社名の商標登録をすることを、

公式に推奨しているのです。


特許庁のホームページに、そのことが明記されています:

https://www.jpo.go.jp/support/startup/index.html#anc01


社名を商標登録すべき理由はまだあります。

次回は、「権利トラブルになったら社名変更するから、社名の商標登録は不要」

という見解に対して、きっちり反論したいと思います。


(続く)