Q. 商品名やサービス名だけでなく、なぜ社名も商標登録すべきなのですか?

お問合せは、070-5575-3925 (平日9時〜17時)又は kojima@kojima-ip.com (随時)まで。

(説明)

1.社名を単に社名としてしか使用しないならば、商標登録は不要です。しかし多くの場合、社名は商品に付され、サービスとともに提供されます。このとき、社名は商品やサービスのブランド(すなわち商標)として使用されているのです。特に、造語などのユニークな社名は消費者・ユーザーの記憶に定着しやすいため、商標として非常に有効なのです。


2.しかし、例えば貴社の社名と同一又は類似の名称競合他社が先に商標出願し登録すれば、貴社が引き続き社名を商標として使用するにはその他社の許諾が必要となるのです。商標制度は先願主義(先に出願した者勝ち)だからです。そして、その他社はそんな許諾はまずしないでしょう。貴社が積み上げたブランド価値を横取りすることが目的だからです。


3.その結果、貴社は社名を商標として使用できなくなります。もし無断で使用すれば商標権者である他社から使用差止と損害賠償を請求されるからです。具体的には、例えば「パナソニックの食洗機」や「ライザップのダイエット指導」のような、「◯◯社の◯◯」というマーケティングが一切できなくなってしまうということです。


4.また、仮に貴社が社名を商標として使用する予定が当面なくても、無関係な他社が貴社の社名と同一又は類似の名称を正当に商標登録をした上でその登録商標を市場で使用すれば、消費者はその他社が貴社と組織的・経済的な関係があるように誤認するでしょう。それは貴社にとって非常に迷惑な話ではないでしょうか。


5.よって、多くの企業は(パナソニックもライザップも)、自社の企業ブランドを守るために、社名を商標登録しているのです。もちろん大企業だけではありません。日本政府・特許庁はスタートアップ企業に対し、特許出願より先にまず商標登録を、そして商品名やサービス名より先にまず社名の商標登録をすることを公式に推奨していす: https://www.jpo.go.jp/support/startup/index.html#anc01


6.結論:社名の商標登録は、商標権に絡む将来の面倒なトラブルを未然に防ぐことのできる、唯一のかつコスパのよいリスク回避手段(又は保険)なのです。