商標登録でブランドを守る


中小企業・スタートアップの経営者様、

商品名・サービス名・社名を模倣・便乗から守りましょう

商標制度を熟知する弊所にすべてお任せください。

ご相談・先行商標調査は無料です。


児嶋国際特許事務所®

所長弁理士    児嶋秀平

お問い合わせ: kojima@kojima-ip.com

所長弁理士  児嶋秀平

名刺 >


「商標権」という最強の知的財産権を、日本の中小企業にもっと知って、持って、活用して、成長してもらいたい。その一助となることが、弁理士としての私の願いです。

1.商標登録はなぜ必要?


     自社の商品・サービスを市場において差別化し、不毛な価格競争を回避する上で、ブランド構築極めて有効です。

解説)ブランド構築は有効! >

     ブランド構築の核となるのが商標(商品・サービス・会社のネーミングやロゴマーク)です。そして、商標はできる限り早く商標登録する必要があります。

     なぜなら、日本の商標制度は先願主義(早い者勝ち)だからです。同一・類似商標を赤の他人に先に商標登録されてしまうと、御社は商標権者となったその他人から使用差止・損害賠償・高額買取を迫られうるのです。

解説)商標登録とは何か? >

     とりわけ、創業期のスタートアップにとって最も優先すべきは、社名の商標登録です。事業の発展に伴ってユーザーの信用が蓄積した社名も、他人の商標権を侵害すれば使えなくなるからです。

解説)なぜ社名も登録すべきか? > 

    逆に、早い段階で商品名・サービス名・社名の商標登録さえ済ませておけば、御社は模倣・便乗を未然に抑止できます。たとえ模倣者が現れても商標権を行使してやめさせることができます。

     さらに、御社は商標権そのものから権利収入を得ることも可能です。そのは、御社がブランドを使用し続けて有名にするほど増大するのです

解説)商標登録で得られるメリット>

    商標登録は、御社の大切なブランドを模倣・便乗から確実に守り、大きく育てるための唯一無二手段なのです。

お問い合わせkojima@kojima-ip.com

出典)特許庁HP

2.商標登録の手順と費用


1)手順:

     商標登録を受けるためには、特許庁に出願し、審査に合格して登録査定を受け、所定の登録料を納付する必要があります。

解説)商標審査の各段階 >

     審査期間(出願から登録査定又は拒絶理由通知まで)は約7ヶ月です。ただし、早期審査制度を利用する場合は約2ヶ月です。

解説)早期審査制度とは? >


2)費用:

     商標登録にかかる費用は、特許庁料金と弁理士料金の合計額です。

     お支払いのタイミングは、出願時と登録時の2回です。


     特許庁料金は、区分数(指定商品・役務の種類数)に応じて増加します:

     ・出願時に、3,400円 + ( 8,600円 x 区分数 )

     ・登録時に、32,900円 x 区分数(10年分一括納付)

特許庁  料金表 >

     一方、弁理士料金は、区分数にかかわらず一律です:

     ・出願時に、7万円

     ・登録時に、1万円

児嶋国際特許事務所  料金表 >

     以上を全て合計すると、商標登録に要するトータル費用は以下の通りです:

     ・1区分の場合:約12万円(出願時に約8万円、登録時に約4万円)

     ・2区分の場合:約17万円(出願時に約9万円、登録時に約8万円)

解説)商標権はコスパ最強 >

     なお、以下の場合には追加料金(3万円)が発生します:

     ・早期審査制度を利用する場合

     ・拒絶理由通知に対し意見書を提出して反論する場合

お問い合わせkojima@kojima-ip.com

ご挨拶動画

.お任せください!


     商標登録はどの特許事務所に依頼しても同じ、又は自社だけでもできる、などと考えていませんか?

     それは大きな誤解です。

     不適切な商標登録が御社にもたらすものは、使えない権利と無駄な費用負担です。

     必要かつ十分な権利範囲を設定し、かつ特許庁による厳しい審査をパスするためには、複雑な商標制度に関する高い専門性が必要なのです。


     児嶋国際特許事務所®️は、御社の現在及び将来の事業内容に的確にフィットした、御社にとって最適な商標登録を適正費用で実現します。

     例えば、弊所は出願時に過剰な区分(指定商品・役務の種類)をお勧めすることはありません。弊所は業界慣行に反し区分数にかかわらず一律の料金体系を採用しているからです。登録時の成功報酬もいただきません。

     ぜひ、ネーミングの検討段階から候補案をいくつでも弊所にご相談ください。的確な先行商標調査により登録可能性を無料で診断いたします。

児嶋国際特許事務所  基本業務フロー

     日本全国の中小企業・スタートアップの経営者様、

     商品名・サービス名・社名に宿る御社のブランドを、商標登録で確実に守り、大きく育てましょう。

     商標制度を深く理解しその機微を熟知する児嶋国際特許事務所®️に、安心してすべてお任せください

児嶋国際特許事務所  お客様の声 >

お問い合わせkojima@kojima-ip.com

MAP

.事務所概要


名称: 児嶋国際特許事務所(商標登録第6699209号

住所: 152-0002東京都目黒区目黒本町5-31-1

所長: 児嶋秀平(弁理士登録第22427号

児嶋秀平  経歴 >

創業: 令和3年8月27日

所是中小企業の成長を商標で支え、もって国益に資する。

業務:商標案件全般(国内出願、国際出願、審判請求、侵害対応 等)

児嶋国際特許事務所  沿革 >

特記事項:

     ・東京商工会議所会員

     ・インボイス発行事業者(登録番号T7810346103368)

     ・BCP策定済事業者経済産業省認定)

児嶋国際特許事務所  BCP >